続・ぬらりひょんの孫TCG:妄想第8弾試案

続・ぬらりひょんの孫TCGの妄想第8弾についてあれこれとw

妄想第7弾が百物語編、となれば妄想第8弾を御門院編として想像の翼を広げてみたいですよね。
ブースタータイトルは『決戦 葵螺旋城』かな。で、ざっと考えてみました。

キャラカード×48
奴良組:11
リクオ、リクオ(&羽衣狐:羽衣狐サーチ)、雪女、雪女(or雪麗)、青田坊、黒田坊、首無、毛娼妓、河童、邪魅、ぬらりひょん
奴良組はリクオと側近衆、そして滾っていたご隠居ですね。毛娼妓、河童は正直ほとんど活躍できていませんでしたがここでハブるのもさすがに可哀そうかとw
独断と偏見で邪魅に再登場してもらいました。猩影くんと一緒にとはいえ、茨木童子を倒した逸材ですしね。

遠野妖怪:3
イタク、紫(援護:バトルに勝ったら畏れ+1)、文車妖妃(サーチ)
遠野妖怪で活躍したのはイタクくらいですね。あとは恐山で紫が座敷童としての力を見せたくらいでしょうか。文車妖妃は新規キャラ枠で採用です。

花開院:3
ゆら、魔魅流、式神・水龍
花開院は基本のゆら、竜二、魔魅流の三兄妹ですね。と言いたいところですが、竜二兄ちゃんは【レベルアップ】で枠を取ったので通常カード枠はなくしました。
で、竜二兄ちゃん贔屓で式神・水龍といったところです。

清十字団:1
カナ
妄想第7弾でカナちゃんをキャラカードとして入れられなかったのでw とはいっても、最後の戦いに赴く三代目に声をかけた場面は良シーンでした。

四国妖怪:3
玉章、玉章、獺祭
四国妖怪は玉ちゃんと獺祭のみ。というか獺祭の所属勢力に迷いましたw 新規で作ろうにも獺祭だけになってしまいますからね。
申し訳ないけど玉ちゃんとコンビで動いていましたので四国妖怪枠ということします。

京妖怪:6
羽衣狐、羽衣狐(&リクオ:リクオサーチ)、狂骨(羽衣狐をかばう)、土蜘蛛、茨木童子、鬼童丸
京妖怪はやはり羽衣狐さまが主軸ですね。そして、狐さまとの絆の深い狂骨ですね。白蔵主やがしゃどくろも入れたいところでしたが流石に枠が足りませんでした。
土蜘蛛は五蘊皆球を受け切った場面が格好良すぎました。ちなみに茨木童子と鬼童丸は御門院枠です。

百物語組:1
圓潮
百物語組は圓潮師匠一択です。口なのに目にこだわったあの包帯のデザインが大好きですw

御門院:18
晴明、晴明、晴明(過去)、吉平、吉平、雄呂血、有行、心結心結、天海、泰忠、水蛭子、水蛭子、有弘、長親、泰世、式神・雄呂血、式神・悪棲、式神・螺旋蟲
御門院はラスボスである晴明を3枚、レベルアップカードのある吉平と水蛭子を2枚、そのほかの歴代当主を1枚という配分で。あとおまけで恐山で頑張った泰世も入れてみましたw
それから式神が3種ですね。思った以上に御門院家はキャラカードになる人材がいました。とはいってもこれでほぼ全員ですね。
あとは式神の「飛びながら盛える鷹の末裔」(超マイナー)くらいでしょうか。百物語組はまだまだ入れてみたいキャラいたんですけど、御門院はこれでほぼ網羅できました。

レベルアップカード:6
リクオ(黄金黒装鵺切丸)、ゆら(黒髪ロング)、竜二(金髪逆立ち)、晴明(陰陽師の神)、吉平(八尾の妖狐)、水蛭子(五行の化身)
【レベルアップ】カードはほぼ迷いなく決定。竜二の金髪バージョンは通常のキャラカードでも良いかもしれないですが、贔屓です!

効果カード×8
内臓式神・雷獣(魔魅流強化)、百目(相手手札をサーチ:コスト①、上から三枚サーチして好きな順番で戻す)、当主集結(御門院をサーチ)、清浄の時(敵弱体)、葵螺旋城(御門院強化)、天文操作(排除カード)、妖殺し(百鬼弱体)、羽衣狐の微笑(SE)
効果カードは御門院系を主軸にしています。SEはこれまで同様に羽衣狐でw 雷獣は水龍とのバランス取りで。魔魅流にも専用カードがあってもいいじゃないw
妖殺しはネタ枠です、ええまごうことなくネタです( ̄∀ ̄)

奥義カード×6
百鬼夜行(リクオ)、神アロー(ゆら)、永劫輪廻(晴明)、天候制御(吉平)、五蘊皆球(水蛭子)、七芒星(御門院家共通奥義)
奥義カードはまったく迷いなく決まりました。これぞ奥義カードって感じじゃないですかね。

カードの内訳はこれでほぼ決定ですね。さて、あとはテキストやイラストイメージを妄想する作業ですw


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック