映画:のぼうの城

映画:『のぼうの城』の感想です。

天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城がある。
そこには領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいた。
やがて石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫ろうとする。武将に求められる資質を持たず、まさに“でくのぼう”のような長親は戦いを決意、たった500人の軍勢で迎え討とうとするが…。

CMで興味がわきましたし、なんかタイミングが良かったので珍しいくらい連続で映画館に足を運びました。
見たかったのはやはり野村萬斎ののぼう様。でくのぼうぶりもですが、やはり水攻めをされた時の船上での舞ですね。
正直、圧巻でした。もう見事としか言いようがない。こけそうになって笑いを取るところから、一人二役でのシーンでは本当に二人いるんじゃないかと見紛うくらいの存在感がありました。
ヒロインである甲斐姫もじゃじゃ馬ながら、優しく一途で可愛らしかったですね。榮倉奈々は思っていたよりも可愛かったw
脇を固める山口智充(柴崎和泉守)と佐藤浩市(正木丹波守利英)が戦国無双か花の慶次の世界に生きていたのが笑った。
そんな多少の誇張があるにせよ、それぞれの門を最大限に使った防衛線や農兵の協力や水攻めの堤の破壊などの合戦場面は見応えありました。
のぼう様の一貫した農民への慈愛は素晴らしかった。でも、甲斐姫を袖にしたのは許せんw 最後のシーン以外は相思相愛に見えたもんなー。まあ、時代的にどうしようもなかったのだろうけど。
しかし、この城だけが落城しなかったという歴史には感動しました。たいへん良かったです。

ちなみに山田孝之(大谷吉継)はヨシヒコとは違い、きちんと武将していました。気付いたらヨシヒコにしか見えなくなったけどw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック