ゲーム:英雄伝説 碧の軌跡:終章プレイ感想その3

ゲーム(PSP):英雄伝説 碧の軌跡:終章のプレイ感想その3です。

終章 それでも僕らは。(クロスベル市解放)

那由多の軌跡が発売されましたね(b^ー°) もちろん購入しました。そして碧の軌跡もクリアできております。気持ちよく那由多をプレイするために碧の感想を書ききってしまいましょう。

まずはメルカパで市内突入前夜のロイドさん劇場タイムです。かかしはティオさんとノエルさんしかイベント条件を達成していませんでしたが、その二つだけでも悶え転げましたw
ティオさんもきっちり女の子していて抱きつかれたロイドさんはそりゃもうロイドさんでした。ロイドさんに両親への挨拶を約束させたティオさんも相当ですけどね!
ノエルさんとのやりとりも鈍いながらも誠実な男前でしたし。なにより友人kさまのデータでイベントを覗き見しましたけど、エリィ嬢のヒロイン力はものすごかったですね。さすがのメインヒロイン候補第1位でした。
とにもかくにも、天然タラシのロイドさんまじロイドさん。もう物凄いです、感動です、そりゃ惚れるわw 
市内解放作戦はミレイユさんたちやツァオが《赤い星座》を、ケビンの旦那のメルカパとチームパテル=マテルが神機を引きつけてくれます。
この突入作戦は燃えましたねー。オールスター集結って感じでまさに最終決戦に相応しい盛り上がりです! 市内でピンチに陥ったところに課長とダドリーが駆けつけたのも良かった。
タワー突入のために支援課に導力車を取りに行くとレクターとキリカのくせものたちが連絡を取ってきます。
ここでディーターおじさまは銀行家としては超一流だけど、全てを把握しているわけではないとさらなる黒幕の存在が示唆されます。
おじさまが劣化している以上確かに黒幕はいるかも。しかし誰なんだ? マリアベル嬢は魔導方面に特化していそうだし、アリオスの旦那も黒幕タイプではない。蛇の面々も協力者だしなぁ。
それはそれとして、突入作戦決行ですよ。神機戦もケビンの決死の砲撃や、パテル=マテルの最後の雄姿がカットインされ、うわぁぁぁってなります。
そしてロイドさんたちはレクターとキリカの援護も得てタワーに突入成功しました。ここからはダンジョンタイムですw
仕掛け床やなんやらがあって宝箱見逃してないかが気になりつつも(笑)、タワーを攻略していきます。そして、タワーに軟禁されていた人たちと無事再開できます。
シズクちゃんに会ってアリオスの旦那から手紙とガイ兄貴のトンファーを受け継ぎます。そして、とうとうタワー最上階に。
この時点でちょっとした違和感がありましたが、ラストバトル近し!と燃えていたので気にせず特攻。白い神機はまた強くて。かなり苦労して倒したのにおかわりかとガクブルしていたらディーターおじさま見捨てられた―!!!
全ての黒幕は黒ひげ先生のイアン先生でした……。ああ、うん、たしかに政治、経済、世界情勢すべてに通じている。すごく納得できる黒幕です。でも、でも、いい人がラスボスって展開はもう嫌じゃーw 
空の軌跡FCは理想が高くて道を間違えた大佐、空の軌跡SCはいい人のふり、零の軌跡もいい人のふり、碧の軌跡は理想を高くして道を間違えたというラスボスなのですよ。
友人kさまは言っておりました。今後軌跡シリーズで顔グラフィックがあって、良い人なキャラはラスボスだと疑うことにすると。わりと同意しますよw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック